住宅ローン減税って何?

住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税とは、2009年の税制改正において決定したものです。住宅ローンで家を購入した方にとって、所得税を減税出来る制度として成立しました。また、2013年末までの住宅ローン減税も、2014年以降も延長させることが決まっています。折しも2015年からは、消費税も上がることから、この住宅ローン減税は注目される項目になりました。この住宅ローン減税は、新築ばかりだけではなく、リフォームなどにも対応する場合もありますから、これからのリフォームをお考えの方にも減税のチャンスがあります。2013年もあと少しというところですが、消費税が上がることも考えると、今が買い時なのか?という声もありますが、2014年の住宅ローン減税は10年間で400万円まで拡充されることになっています。この数字を見ると、2013年は10年間で200万円の減税が約倍になる計算。直近でマイホームをお考えの方にとっては、住宅ローン減税を睨んだ2013年と2014年の間で右往左往している方も多いのではないでしょうか。ただし、2014年からの住宅ローン減税の恩恵を受けるためには、10年後に4000万円以上の残高も必要ということを考えると、躊躇してしまう場合もあります。この辺りについては、しっかりと住宅ローン減税について学習をする必要がありそうです。ともかく、これから先のマイホーム取得もしっかり住宅ローン減税が受けられるとわかったので一安心というところです。

Copyright © 2013 住宅ローン減税って何? All Rights Reserved.